blog index

週刊・旦野原

執筆者は、日替わりです。
もしかしたら、気まぐれです。
<< 夏より春秋が好きだけど | main | 柔軟剤はローテーション >>
夏の終わり
0

    平成最後の夏は花火もしなければ、海にもいかず、夏らしいことなど1つもせずに過ぎ去って行きました。

     

    今年の夏の一番の思い出は帰国して1年ぶりに地元の友達に会えたことでしょうか、、

     

    僕の夏休みをざっくり紹介すると

    帰国後みんなより一足先に夏休みに入り、実家で暇を持て余していた7月。

    お盆は地元の友達と感動の再会。

    8月半ばからは怒涛の3週連続集中講義。

    9月はインターンシップに参加するために神戸へ。

    という感じです。

     

    神戸には1日早く入って、姫路城や中華街に行きました。中華料理が大好きで小籠包をひたすらに食べました。

    インターンシップは初めてでしたが、予想してたよりも楽しかったです。他の地域の学生と色々と話すことが出来たり、短い時間で販売戦略を立案をしたり、社員の方にお話を聞けたりして、2日間だけでしたが充実感はありました。

     

    夏らしいことは何もしませんでしたが、やるべき事とやりたい事がある程度出来た夏だったので充実はしてたのかな?と思える夏でした、

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    梶山

     

    | 8期生 | 8期生だより | 01:14 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 01:14 | - | - | - | - |
      コメント
      小籠包なら、博多駅にも支店がある台湾の&#8206;鼎泰豐(ディンタイフォン) がおススメです。肉汁タップリです。
      | しば | 2018/10/04 9:09 PM |
      コメントする


      この記事のトラックバックURL
      http://dannoharu0419.jugem.jp/trackback/1289
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      bolg index このページの先頭へ