blog index

週刊・旦野原

執筆者は、日替わりです。
もしかしたら、気まぐれです。
<< 幼い頃の夢 | main | 課題は終わらないのに夏は終わる... >>
カメの涙
0

     

    ある夏の夜、「カメの産卵を見に行かない?」と誘われ、

    和歌山の白浜に行きました。

    もう20年前くらいのことです。

    当時、大学寮に住んでいました。

    そこは大学院生用の寮で、医学部や薬学部、理学部など、

    いろんな分野を研究している人たちがいました。

     

    学部を卒業した直後だったこともあり、まだ学生気分は抜けていません。

    「この夏、どうしようかなー」と思っていたら、寮の談話室で生物学

    (動物行動学)を研究している寮生の先輩から誘われ、

    ウミガメの産卵調査のボランティアに参加したのでした。

    20人くらいのチームでした。

     

    目的地は和歌山県の紀伊白浜です。

    「白浜」の名の通り浜はどこまでも白く、海は透き通るような青色で、

    心を一気に晴れわたらせてくれました。

     

    専門知識もない文系の自分ができることと言ったら、もっぱら雑用。

    自分に課せられた使命は、「夜のパトロール」です。

    1時間に1回、夜の浜辺を交替で見回り続け、ウミガメがどこで上陸、

    産卵しているか、無線を通じて報告する作業です。

    夜「上陸」するカメは、朝日とは逆、すなわち暗いはずの陸地を目指します

    (光があると、どんなに近づいていても上陸せず、海の中で卵を放出することもあるようです)。

    そのため、ライトもつけずに、物寂しげな夜の波打ち際を歩き続けます。

     

    なぜ波打ち際を歩くのか。それは、カメの足跡を発見するためです。

    キャタピラのような足跡をたどっていくと、目指す産卵現場に遭遇できます。

    雨の日は大変です。川を渡る際、腰まで水に浸かってしまうのです。

     

    シバ:「ポイントAにカメが上陸中。タグ番号は……番」

    (以前に調査したことのあるカメにはタグがついています)
    本部:「了解。すぐ行きますからそこにいて下さい」

     

    こうして産卵するカメを見守ります。

    彼女たちは、のそのそと器用に穴を掘っていきます。

    後ろ足はまるでスコップのようです。

    テレビで見た人もいるかもしれませんが、目に涙を浮かべ、

    ポロポロっと乳白色の卵を生んでいきます。

    何度見ても胸が踊りました。

     

    なぜ目に涙を浮かべるのか、それは「目の乾燥を防ぐため」です。

    まばたきができないカメたちは、陸に上がれば目が乾燥してしまいます。

    それを防ぐには、涙を流すしかないのです。

     

    動物の感動的なシーンにも、論理的な根拠があるなんて深イイ。。。

    この話には、1時間では語りつくせない体験談もあります。

    リクエストがあれば、そのうち掲載します。

     

    日本のウミガメ事情にはじまり、カメの肺活量、

    GPSを使ったカメの遊泳調査など、ネタはいろいろあります。

     

    しば

    | shiba | 研究室だより | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 17:30 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする


      この記事のトラックバックURL
      http://dannoharu0419.jugem.jp/trackback/1285
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      bolg index このページの先頭へ