諦めたらそこで試合終了説〜僕が学んだ大切なこと〜

  • 2018.07.21 Saturday
  • 00:46

JUGEMテーマ:日記・一般

夏の虫達のBGMが鳴り止まない中で、日々を生きるりっくんこと是永です。

 

自分の小さい頃の夢はたくさんあるけど、一番大きかった夢は「モテモテ人生」でした。女の子から毎日のように告られ、バレンタインデーには山のようなチョコを持ち帰る。そんな夢を密かに抱えていた小学6年生の春が懐かしいです。

 

そして迎えた中学校の入学式。

冬が終わり暖かな風に背中を押され、向かえた中学生活。

不安とワクワクが入り混じり、新たな生活の始まりを感じていた。

 

片手に持ったウイスキーをちょっとずつ口に含み、「ごっくん」と音を立てて飲み始めるのは12年後の仕事を覚えた社会人4年目の時だ。

 

そして時が経ち、、

 

僕は64回目の春を迎えた。

 

当然想像した通り年金は貰えず、あと10年は働く日々。

僕はジブリ映画猫の恩返しの主題歌「風になる」のソロギターを弾きながら風を感じている。

 

そして85回目の春。

 

僕は路上でジブリ映画猫の恩返しの主題歌「風になる」を弾き、街を歩く人々がギターケースに小銭を投げ入れてくれる日々が続いた。

 

100年続いた人生で学んだことは「願ったことをやり続ければ、叶えることが出来ること。必ず近づけること」

しかし、「諦めたらそこで試合終了」だということを学んだ。

 

これを読んだみんなにもこの言葉を励みに「なりたい自分・叶えたい夢」に向かって走り続けて欲しい。これが僕の残した言葉だった。

 

是永

全速疾走

  • 2013.11.27 Wednesday
  • 19:24
こんにちは。
柴田先生にビデオレターをお願いされましたが、
あまりの出来が悪かったのでブログレターにしました。
インドネシアからまっちゃんです。

ついにインゼミの季節がやって来ましたね。
インドネシアは当然のごとく30度を超える日が続いています。
日本は既に寒くなっていると思います、
インゼミ前に風邪をひかないように体調管理はしっかりしましょう!!
万全の体調でオフェンスとディフェンス頑張ってください。

前もって論文を拝見させていただきましたが、
とてもわかりやすく言いたいことが伝わってくる論文に出来上がっていると思います。
今回のインゼミでの経験が必ず自分の自信につながります。
私はインゼミの様な貴重な体験は人生を通してプラスになると信じています。
夜遅くまで論文に取り組み、仲間と意見が合わずつらい思いをしたと思います。
しかし、それほど”本気”の体験を大学時代にしている事は必ず今後活かされます。
最後まで全力で走り抜いてくださいね!!!
続きを読む >>

7分の7

  • 2013.11.06 Wednesday
  • 13:58
こんにちは。
3期生のうえっち(ときどき、うえぽん)です。

もう卒業して7カ月余経ちましたが、
ちょこちょこS先生にお会いすること7回?
5期生との飲み会は4月以降4回?。
・・・いつもお世話になっております。笑



この前の座談会のときにも少し伺いましたが、
もうインゼミ&卒論の時期ですね。


1年前はインゼミの時に卒論発表したっけ・・・
なんて思いながら。。。

インゼミや卒論までは、
あんなに長文を書く機会もないと思います。

自分なりに調べて、考えて、文章にして・・・・

例え、自分のパートが1章の中の1節と少なくても、
「自分の言いたいことを文章にして伝えたい」って思いませんか??

その中で、大切なことはもちろん1つではですが、
私は「仲間の声」だと思います。

論文、特に卒論なんかは「個人・孤独」なイメージがありましたが、
書き終えてみると違います。



  「わからない」

発表練習をしているときの
そんな一言が大きく改善してくれました。



自分1人で考えていると、
わからないことがわからなくなる。
わかってるつもりになってる。
主張がずれてる。
―――なんてことはよくあります。


論文をもっとよくするためには
つながりを考えたり・全体像を把握したり・・・
そんなことを気付かせてくれるのはゼミ生だと思います。

4期生・5期生間はもちろん、
このブログにはこれまでの先輩方の経験談もあります。

例え、発表者にならなくても
これまでの先輩の記事から、
「こんなことが大変そう・困ってそうだなーー」「・・・!!こんなことなら自分にもできるかも」

そんな意識が大切かも・・・と卒業した、ブログ書きながら思いました。笑



久しぶりすぎて、ブログの終わり方がわからない・・・
あっ!!もともとだった。。。

以上、うえっちでした。

秋の夜長

  • 2013.10.15 Tuesday
  • 03:16
ヴぁーあーああああーー
外から止めどなく聞こえてくるイスラムの叫び声のせいで眠れないまっちゃんです。
明日はイスラム教の2大祭りの1つidul adhaです。
おかげで、午後5時から翌朝まで街中のモスクから拡声されたお経?が聞こえてきます。
前回のお祭りの時も全く寝られなかったので、今回もそうなるでしょう。。
良く言えばカルチャーショックですね。

豆知識ですが、インドネシアの街には日本のコンビニと同じぐらい(まっちゃん体感)モスクがあり
その一つ一つがお経?を唱えているため、まさしくカオスです。

さて本題の今回のテーマ「もし20万円もってたら何に使う?」ですが、
私は旅行に使うでしょう。
時間のたっぷりある学生時代にしか出来ない、1ヶ月ぐらいかけた旅行がしたいです。

今少しだけ目論んでいるのが、トルコのイスタンブールからスペインのバルセロナまでの貧乏旅行です。
私はうまれてこの方ヨーロッパに行ったことがないので、ぜひ実現させたいと思います。
ヨーロッパでしたいことといえば、サッカー観戦、ビール飲み歩きwith現地のツマミと大したことはないんですが、
やはり日本と違う空気の元飲む、ドイツビールベルギービールチェコビールは最高でしょう。

正直20万あっても足りるかわからないですが、借金をしてでも実現させたい夢の一つです。

その前にはホームグラウンドの東南アジア周遊も実現させたいです。
タイ、シンガポールは訪れたので、次はベトナム、カンボジア、マレーシア、ミャンマーあたりを攻めようかなと、画策中です。

貯金をするというヒトもいるかもしれませんが、
せっかくなので、生きた時間とお金の使い方をして欲しいです!(ビール飲み歩きが生きているかは不明)
大学生活でいかに多くの経験をするかという視点も持って損はないと思いますよ(・∀・)

それではまた。。

まっちゃん

 

つめつめ

  • 2013.09.18 Wednesday
  • 22:59
 詰めに詰め込んだ怒涛の集中講義4つを終え、やっと夏休み後半になったほーせーです。

そして、直近のつめつめは…熊本から帰る際に車のカギを詰めてしまい、JAFに12500円を払いました。泣 なんてこったでした。

ブログのテーマ、成人を実感した時ですが…

成人式の前々夜に小学校の中庭に埋めてたタイムカプセルを掘り出し、二十歳になった自分への手紙を読んだ時です。

当時12歳のほーせー少年は20歳の自分に対して「お前元気しとっとや?家族と友達大事にしとっとや?もう仕事しとっとや?彼女はおっとか?笑 かっけー男になっとけよ!!」と書かれてました。笑
みんなでお互いの手紙を読み爆笑しました。(≧∇≦)

そして、当時思い描いていた二十歳というのは本当に大人なイメージが強かったんだなーと…。

当時から身長という成長はほとんど変わっとらんのですが、あれから10年経った今、内面や考えは少しは成長したのかなーと思います。成長してなかったらかなりやばいですw

そして、逆に12歳の自分に伝えたい事があったとしたら…
筋トレじゃなく、柔軟ストレッチばしっかりせえーよ!!!
ってことだけは声を大にして伝えたいです。

とか言っても過去には戻れんので、未来を変えるために今を生きたいと思います!

2020年東京オリンピック決まりましたねー♪本当今からワクワクです!
いつもオリンピックやW杯などの閉会式を見て思うのはこんな風に「次の大会を見る時は自分はどこで何をしているんだろう?」ということです。7年後は29歳…結婚して子どもがいても不思議ではない歳です。

オリンピックが決まったのはもちろん日本国民皆周知のトップニュースだと思いますが、この場を借りてどうしても伝えたいことがあります!
東京オリンピックの前年、2019年ここ日本で開催される世界大会があります。夏合宿に参戦していただいたエ○ー先輩はご存知だと思います!というより先輩くらいしか知らないのが現実かと…泣

四年に一度のラグビーW杯が2019年日本で開催されるとです(≧∇≦)
しかも福岡や熊本でも見れます!
完全に東京オリンピックで更に影の影の中に隠れてしまいそうですがね…。
という元高校ラガーマンの心境でした。

早く401号でゼミ生みんなに会いたいです♪

人生の夏休み

  • 2013.09.18 Wednesday
  • 18:04
人生の夏休みを満喫中、、なはずだった高山です。

松村くんがインドネシアで病気にかかったと聞き、
ゼミ生でわちゃわちゃ話していたさなか、
私もひどい風邪をひいてしまいました。
はいたくんのようにマスクを着用し、
布団にくるまりこのブログを書いています。

先日熊本でほんちゃんの22歳の誕生日をお祝いしました!
熊大前を通ると高校三年生の時の記憶が。。
お母さんと一緒に初めて熊本に出向き、緊張しながら試験に臨みました。

今回のテーマ、成人を感じた時ですが。
私はずばり就職活動中に感じました。
考えてみれば、小学校・中学校・高校・大学と
いつも自分の進む先には支えてくれる先生方や家族、
そして周りの友達がいました。
辛い勉強・部活も仲の良い友人と一緒なら乗り越えられました。
受験は団体戦とよく高校の時言われていましたが、
就職活動は個人戦だとやってみて実感しました。

そんな時、私は今まで生きてきた21年間の自分で
今後の人生を決めなければならないステージに来たのだと感じました。
それは挑戦というよりも恐怖でした。
振り返ってみれば周りの友人に比べ、自分は何てちっぽけな人生を
歩んできたんだろうという気持ちに打ちのめされました。
しかし、後悔しても何も変わりませんし、今の自分を
必死にアピールするしかないと割り切りました。

今回のテーマを見て、真っ先に思い出されたエピソードでした。
私事ながら早く風邪を直し、週末生まれる三人目の甥っ子に会いに行きたいです。
そして課題も未来の自分を苦しめないよう、着実にこなしていかなければ。
ちょっとぼーっとしてて読みづらい部分もあるかもしれませんが、終わります^^

高山

成人ってなんだろう

  • 2013.09.16 Monday
  • 00:18
 こんにちは。
東南アジアの怖さを日々肌で感じているまっちゃんです。
ma2
ほほ笑みの国タイランド
適当の国インドネシア
どちらも、一生に一度は訪れたほうが良い国だと思います。
文化的にタイは仏教、インドネシアはイスラム教徒違いがあり
その違いを目の当たりにすると結構興味深いものがあります。

 ma1

さて、前置きがながくなりましたが今回のテーマは「成人」ですね。

ヒトに成ると書いて成人ですが、その通りで1人の大人として多くの権利、責任が与えられるのが、成人だと思います。

しかし、それは国や文化が決めた区切りです。
個人がそれを自覚するまでは、まだ成人ではないと思っています。

与えられた権利を自覚し、責任をもって行動できるようになってが
本当の成人だと思います。

その点で、私もまだまだ成人できていないと思います。
大学ではいろいろな人とつながりを作ることが出来ます。
とくに就職活動では、普段話すことのできない大人との会話の機会も増えます。

具体的な話をする必要はないと思いますが、
自覚を持って社会生活を行っている大人の姿をみて、成人とは何かを学び
自分たちも少しずつおとなになっていけたらなぁ、、、と考えています。。


今回のテーマは難しいですね。

自分なりに考えてみましたが、こんなことしか出てきませんでしたorz
次のテーマはカジュアルなものでよろしくお願いします。。。


遅くなりました&ご無沙汰ですいません。

  • 2013.09.09 Monday
  • 00:51
 どうも、何ヶ月ぶりかの登場のたこすけです。
h2
先月に夏合宿に行ってきたことについての投稿をしていなかったので、
遅ればせながら投稿しようと思います。
h2
夏合宿には卒業生の先輩にもご参加いただき、非常に充実したものだったのですが、
真面目な面での一番記憶に残ったのは、やはり初日の新日鉄住金大分製鐵所の見学です。
(私は小学生の頃本来なら社会科見学で行ける筈だったのに直前に高熱を出してしまい行けずじまいだったという苦い思い出があったのもありますが...)

 
その製鐵所見学の中では、私の卒業論文で考えてみようと思っていることと重なる部分が非常に多くありました。
その御蔭で、私が考えることは既に実行されているところもあるということに気がつくことが出来ました。
この現実の面を卒業論文に繋げられるようにしたいと思っています。

その後香々地に到着した後、本当に自然豊かなところで虫の多さにやられそうになりました><
h1
そして、香々地では、バーベキュー・花火・飯盒炊爨などなど・・・非常に数多くの行事を楽しみました。
その中で、なかなか火が起こらなかったり、はっちゃけすぎて去年の合宿で召喚した最高顧問を再び召喚できそうになるなど色々とグダグダ&空回りしていました。(いつものこと?)
それでもその御蔭で、ガラス職人や屋台のオジさんなど色々な呼び名?をつけてもらい楽しい思いをすることが出来ました。
h3
全てにおいて充実した楽しい思い出が残る夏合宿でした。本当に有難う御座いました。



残り半年

  • 2013.08.31 Saturday
  • 16:26
 お久しぶりです。ほんちゃんです。
h1

先日、タイで行われた国際学生フォーラムに参加してきました!
4年間でベトナム、日本、タイと3回も国際交流に参加できて、幸せです。
分大に来たからこそ、このような大きな経験ができたと思います。
 
h03

v01

shiba1108
こんなことなら、ガーナにも参加して、全制覇したかったです。笑
今回のタイでは、前回とは違って発表もすることができ、少しは中心になって
取り組めたかな?と思っています。
人生で2回目の海外に行ってみて、日本の良さがわかって少し恋しくなりましたが、
やはり海外は楽しい!と思います。もっといろんなところに足を運んでみたいです。

この8月は、夏合宿、もっちゃんと関西へ先輩再会旅と、柴田ゼミ一色の月でした。笑
h2

h3

大阪、京都で会ってくださり、おいしいビール、ご飯を奢ってくれた2人の先輩方、ありがとうございました。

夏休みもあと1ヶ月、学生生活も残り半年となりました。
卒論や課題をやりながら、残り半年、何をするのか、何がしたいのか、考えようと
思います。

s01

na05

暑い熱い篤い

  • 2013.08.30 Friday
  • 14:18
 タイに滞在してはや10日。
タイの大学生に恋をしてインドネシアのことを忘れかけてるまっちゃんです。

大変ご無沙汰しております。
皆さんは「日本」というテーマでブログ更新しているようなので、
私は母国「インドネシア」について書いてみようと思います。

インドネシアは日本の様な島国で数多くのしまからできている国です。
僕が滞在しているのはジャワ島の西部のバンドンという都市です。
人口は230万人とインドネシアでは3番めに大きな都市になります。
バンドンは由布院のように標高800mの盆地に出来た街で年間を通して気候が良いです。

そして、スンダ人というインドネシアで一番かわいい子の多い人種の街でもあります。
スンダ人は可愛いだけでなく、性格も日本人に似ています。
優しくてシャイ。。
露店などでもぼったくられることもありませんし、インドネシア人と同じ扱いをしてくれます。
それが、タイとの印象の大きな違いでしょう。


ここまでがポジティブな印象です。

インドネシアにはネガティブな印象もあります。
1つは酒がほとんど手に入らないということ。
ジャカルタにはバーなどもたくさんあると聞くのですが、バンドンは。。。
最初の一ヶ月で飲んだアルコールはビール1杯だけです。
これは大学生活最初で最後のダイエット成功になるかもしれません。

2つ目は、モスクがうるさい。
イスラム教の国なのでしょうがないのですが、
レバランというお祭りの時は夕方から朝の5時までスピーカーをとおして
「あーあ〜〜〜ああああ〜〜」の様な雄叫びをあげていました。
これは本当にカルチャーショックでした。

日本とは違った文化の中で生活するのは本当に茂紀になります。
ぜひみなさんも夏休みや長期休暇を使って、違った文化の中に飛び込んでみてください。


写真などもアップしたいのですが、それは又の機会に、、、
Facebookを持っている人は是非そちらで見てみてください!
変な写真もいっぱいありますが・・・

それではまた更新します。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM