blog index

週刊・旦野原

執筆者は、日替わりです。
もしかしたら、気まぐれです。
ゼミ卒業生からの写真
0

    東京で学部の同窓会があったようです。

     

    ゼミ卒業生(3・4・7)から集合写真が届きました。

    左から7・7・3・4(期生)です。

    元気そうで何よりです。

     

    共通の話題は、センセーから学んだお酒の楽しみ方ということです。

    次からは他の話でも盛り上がってください。

     

    結婚式の写真も届きました。

    後ろの左から2・3人目(Kさん、Yさん)が5期生です。

    どちらもゼミや合宿に遊びに来てくれました。

    また機会があれば(他の人ももちろん)是非どうぞ。

     

    新婦は1年前期の基礎ゼミにいて、卒業後もKさんと3人で

    ご飯に行ったこともあるので、感慨深いものがあります。

    この学年は女子の比率が高かったので(女子10・男子2)、

    そろそろピークが始まる頃かもしれません。

     

    引き続き、近況報告をお待ちしております。

     

    しば

     

    オマケ。

    テレビでマクドのCMをみていたら、7期生(Aさん)のそっくりさんを見つけました。

    6−7秒前後。6・7・8期生で興味があれば、クリックしてみて下さい。

    本人も公認です!

     

     

    | shiba | 研究室だより | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    時差ボケのまま授業
    0

      北米出張から帰国しました。

      卒業式当日に大分を出発し、授業直前までの10日間ほど滞在していました。

      時差ボケのまま授業することになります。

       

      最初の目的地はカナダです。

      トロント大学という、カナダの大学です。

      i01

      欧米の大学には、こんな感じの建物が残されています。

      自分が仕事していた場所は、もう少し近代的な建物です。

       

      朝食です。

      数日間、野菜不足の日々でした。。

      i02i03

      でも、さすがカナダ。メイプルシロップは付け放題です。

       

      そして次の目的地は、懐かしのワシントンDCへ。

      数年前、ここで1年半くらい研修していました。

      i04

       

      ちょうど桜の季節でした。

      住んでいた頃は、ここにシートを敷いて数人でお花見していました。

      i05

       

      たまにテレビで放映される場所です。

      i06

       

      今回の仕事場の近くです。

       

      ここで仕事をしていました。ゼミ生何人かには、ここからメールしていました。

       

      研修していた大学にも行ってみました。

      ここの先生が、ゲストスピーカーで今度来ることになりました。

      以前来た先生とは別の人です。

      お楽しみに。

       

      かつての下宿先の家族。

      もし当時(2014-2015)の模様が気になれば、当時のブログをどうぞ。

       

      しば

       

      | shiba | 研究室だより | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      卒業式2019
      0

        第7期生の卒業式がありました。

        g02

         

        全員集合できませんでしたが、いよいよ社会に飛び立ちます。

        g01

         

        経済学部の式典終了後は、いつものお店で美味しいお刺身をいただきました。

        ここから、ビデオを含めると4年生全員が参加できて良かったです。

        ゼミの準メンバー?Kセンセイも最後まで楽しまれていたようです。

        g03

         

        思い出は少しずつ薄れていくものですが、

        同期との関係は続いてほしいと思います。

        それが、縁(えん)だから。

         

        | shiba | 研究室だより | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        プチ卒業旅行な台北3日間
        0

          4年生2名と、台湾(台北)に行ってきました。

          t09

           

          プチ合同ゼミ・プチ国際交流・プチ卒業旅行を兼ねたような企画です。

          日程などの都合でゼミ生2名と教員で行きました。

          発表会の模様です。

          t02

           

          昔ながらの市場にも行ってみました。

          t04

           

          お菓子屋さんのデコレーションは、カラフルでした。

          t07

           

          お食事はどこも外れナシで美味しかったのですが、

          メニューを見てびっくり

          t06

           

          なんと、こんな料理がありました。

          (機械翻訳ならではの、翻訳ミスでもインパクトが・・・)

          t05

            ↑

          グーグル先生も間違えるということです。

          写真を見ても、違うって分かります。

          夜市では、Sさんがスナイパーであることが判明しました。

          t01

           

          千と千尋の神隠しの舞台のモデルになった場所にも行ってきました。

          大事件が起きましたが、卒業生と現4年生(7・8期生)は、ゼミ卒論集をお読みください。

          t03

           

          濃くて短い3泊4日の旅でした。

          t08

           

          しば

          | shiba | 研究室だより | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          合同ゼミ@京都
          0

             

            ゼミの恒例行事、合同ゼミが無事、終了しました。

            今年の会場は2年ぶりに京都でした。

             

             

            前日、フェリーに乗りコスプレ大会

             

            こども船長の服は小さかったようです。

             

            そして京都に到着

             

            発表会

             

             

            3つのゼミ合同で、計50人の規模でした。

             

            コンパも盛り上がりました。

             

            翌日は、倹約できる京都旅行コースへ

            (京都御所)

             

            (相国寺(金閣寺・銀閣寺の本山)の一角)

             

            (南禅寺(そうだ、京都行こう!のCMの場所))

             

            ひょっこりはん

             

            平安神宮

             

            いろいろなことを学んだ2日間でした。

            これを糧にしながら、今後の学生生活をより充実したものにしていきましょう。

             

            卒業生も7人(5期生6人、6期生1人)来てくれました。

            激ヤセが心配な人も約1名いましたが、みなさん、元気そうでよかったです。

             

            しば

             

            | shiba | 研究室だより | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            カメの涙
            0

               

              ある夏の夜、「カメの産卵を見に行かない?」と誘われ、

              和歌山の白浜に行きました。

              もう20年前くらいのことです。

              当時、大学寮に住んでいました。

              そこは大学院生用の寮で、医学部や薬学部、理学部など、

              いろんな分野を研究している人たちがいました。

               

              学部を卒業した直後だったこともあり、まだ学生気分は抜けていません。

              「この夏、どうしようかなー」と思っていたら、寮の談話室で生物学

              (動物行動学)を研究している寮生の先輩から誘われ、

              ウミガメの産卵調査のボランティアに参加したのでした。

              20人くらいのチームでした。

               

              目的地は和歌山県の紀伊白浜です。

              「白浜」の名の通り浜はどこまでも白く、海は透き通るような青色で、

              心を一気に晴れわたらせてくれました。

               

              専門知識もない文系の自分ができることと言ったら、もっぱら雑用。

              自分に課せられた使命は、「夜のパトロール」です。

              1時間に1回、夜の浜辺を交替で見回り続け、ウミガメがどこで上陸、

              産卵しているか、無線を通じて報告する作業です。

              夜「上陸」するカメは、朝日とは逆、すなわち暗いはずの陸地を目指します

              (光があると、どんなに近づいていても上陸せず、海の中で卵を放出することもあるようです)。

              そのため、ライトもつけずに、物寂しげな夜の波打ち際を歩き続けます。

               

              なぜ波打ち際を歩くのか。それは、カメの足跡を発見するためです。

              キャタピラのような足跡をたどっていくと、目指す産卵現場に遭遇できます。

              雨の日は大変です。川を渡る際、腰まで水に浸かってしまうのです。

               

              シバ:「ポイントAにカメが上陸中。タグ番号は……番」

              (以前に調査したことのあるカメにはタグがついています)
              本部:「了解。すぐ行きますからそこにいて下さい」

               

              こうして産卵するカメを見守ります。

              彼女たちは、のそのそと器用に穴を掘っていきます。

              後ろ足はまるでスコップのようです。

              テレビで見た人もいるかもしれませんが、目に涙を浮かべ、

              ポロポロっと乳白色の卵を生んでいきます。

              何度見ても胸が踊りました。

               

              なぜ目に涙を浮かべるのか、それは「目の乾燥を防ぐため」です。

              まばたきができないカメたちは、陸に上がれば目が乾燥してしまいます。

              それを防ぐには、涙を流すしかないのです。

               

              動物の感動的なシーンにも、論理的な根拠があるなんて深イイ。。。

              この話には、1時間では語りつくせない体験談もあります。

              リクエストがあれば、そのうち掲載します。

               

              日本のウミガメ事情にはじまり、カメの肺活量、

              GPSを使ったカメの遊泳調査など、ネタはいろいろあります。

               

              しば

              | shiba | 研究室だより | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              浴衣でロック
              0

                 

                西武球場のコンサートに行く、それが夏の恒例行事でした。

                今はもうドーム球場になってしまいましたが、

                昔の西武球場には屋根がありませんでした。

                 

                そんな西武球場で、真夏の夕方に(時には)浴衣でロックや

                バラードを歌う、球場でマイクを使わず歌う、生の声が球場に

                (かすかでも)響く、ファンの耳とココロに届く、

                その人が作り出すその空間が好きでした。

                 

                あれから25年、「夏の課題をやりましょう」とロックとも

                バラードともかけ離れた言葉をメールで発信するこの頃。

                「夏に課題をやろうぜ」は、ある意味、パンクでロック。

                 

                勉強ばかりやる必要はありません。

                でも、未来の自分のためする一番の投資は、時間です。

                今の時間を何に使うのか、その判断と行動が大切です。

                 

                支出(アウトプット)のための貯金(インプット)。

                情報発信(アウトプット)のための吸収(インプット)。

                充実した時間を過ごす(アウトプット)ための、準備(インプット)。

                 

                お金も知識も時間も、アウトプットのためにはインプットが必要です。

                 

                この夏、いいアウトプット・インプットをしてもらいたいなと思います。

                 

                ちなみに、1年前の今頃は、浴衣でロックでなく浴衣でグローバルでした。

                その時2年生だったキサさんが、先日、ドイツから戻ってきました。

                去年の写真です。

                 

                 

                浴衣ガールズその2

                 

                 

                ということで、オッサンの夏の思い出パート1でした。

                パート2以降は、リクエスト次第ということで。

                 

                しば

                 

                | shiba | 研究室だより | 22:56 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                円ダービー、結果発表(6月暫定版)
                0

                  円ダービーの暫定版が発表されました。

                   

                  詳細は、本日、7月14日付の日経新聞をご覧ください。

                  記事は⇒ココをクリック

                   

                  このゼミからは、1チームがベスト30に入っています!

                  あと、別のゼミ(おそらくOゼミ)も入っていますね。

                   

                   

                  7月の変動次第では、他のチームにもチャンスがあります。

                  引き続き、注目していきましょう。

                   

                  しば

                  | shiba | 研究室だより | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  「死語」の世界より
                  0

                    ​​もはや死語・・・そんな言葉が大好きです。

                    何しろ、ゼミで唯一の昭和世代。

                    「死語」の世界にこだわります。

                    でも、最近、バブルネタや昭和ネタ、昭和の歌がカムバックしています。

                    下手すれば、今年で「明治150年」ということで、

                    明治のネタさえ出てきています。

                    それって、ナウいのかな?

                     

                    ほかにもまだまだこだわります。

                     

                    コンパをするなら、地元の居酒屋。

                    (チェーン店以外)

                    お酒を飲むなら、地酒か地ワイン。

                    (大量生産じゃない)

                    肉や野菜を買うなら、地元のもの。

                    (だからゼミのBBQでは、国産牛肉)

                     

                    世界経済がなんちゃら、グローバルがなんちゃら、

                    といいつつ(だからこそ)、ローカルを大切にしないとね。

                     

                    イケてるヤングな日本の良い子たちは、欧米文化がお好きかもしれませんが、

                    欧米のお友だちも、ローカルを大切にしているんですよねー。

                    だったら、自分たちもローカルを盛り上げようぜ、みたいな感じです。

                     

                    ニューヨークでは、コーラもニューヨークです。

                    n1

                     

                    ナイアガラの滝では、コーラもナイアガラです。(笑

                    ny9789

                     

                    テキサスの人たちは、サボテンも食べるようです。

                    a1

                     

                    アロエのように使っているのでしょうか?

                    以上、ローカルにもこだわろうということで、研究室からの投稿でした。

                     

                    しば

                    | shiba | 研究室だより | 22:49 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                    ブログはじめました
                    0

                       

                      大分は、梅雨に入りました。

                      街角では、「冷やし中華、はじめました」という看板も目にします。

                       

                      ゼミでは、今週からブログ始めます。

                      今回のお題は、

                      「今年度に変わったこと、変わっていないこと、変わりたいこと」

                      です。

                       

                      今年度のゼミで変わったこと、それは(いい意味で?)コンパがないこと。

                      でも、月末にゲスト・スピーカーの先生と行きます(自由参加)。

                      サークルのコンパとは一味も二味も違う、「みんなでお話する食事会」を楽しんでください。

                       

                      変わっていないことは、ゼミの運営方法です。

                      3・4年生合同ゼミで、学年を超えていろいろ話す機会が増えたらと思います。

                      留学中の学生からの現地映像も、恒例ではありますが楽しみです。

                      そして、新聞シートと円ダービー、ブログ投稿・・・というように、

                      インプット(勉強)とアウトプット(発信)の両方を意識して

                      前期を乗り越えていきましょう。

                       

                      あと2か月で、夏休みです。

                       

                      しば

                       

                      | shiba | 研究室だより | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      bolg index このページの先頭へ