カメの涙

  • 2018.09.16 Sunday
  • 17:30

 

ある夏の夜、「カメの産卵を見に行かない?」と誘われ、

和歌山の白浜に行きました。

もう20年前くらいのことです。

当時、大学寮に住んでいました。

そこは大学院生用の寮で、医学部や薬学部、理学部など、

いろんな分野を研究している人たちがいました。

 

学部を卒業した直後だったこともあり、まだ学生気分は抜けていません。

「この夏、どうしようかなー」と思っていたら、寮の談話室で生物学

(動物行動学)を研究している寮生の先輩から誘われ、

ウミガメの産卵調査のボランティアに参加したのでした。

20人くらいのチームでした。

 

目的地は和歌山県の紀伊白浜です。

「白浜」の名の通り浜はどこまでも白く、海は透き通るような青色で、

心を一気に晴れわたらせてくれました。

 

専門知識もない文系の自分ができることと言ったら、もっぱら雑用。

自分に課せられた使命は、「夜のパトロール」です。

1時間に1回、夜の浜辺を交替で見回り続け、ウミガメがどこで上陸、

産卵しているか、無線を通じて報告する作業です。

夜「上陸」するカメは、朝日とは逆、すなわち暗いはずの陸地を目指します

(光があると、どんなに近づいていても上陸せず、海の中で卵を放出することもあるようです)。

そのため、ライトもつけずに、物寂しげな夜の波打ち際を歩き続けます。

 

なぜ波打ち際を歩くのか。それは、カメの足跡を発見するためです。

キャタピラのような足跡をたどっていくと、目指す産卵現場に遭遇できます。

雨の日は大変です。川を渡る際、腰まで水に浸かってしまうのです。

 

シバ:「ポイントAにカメが上陸中。タグ番号は……番」

(以前に調査したことのあるカメにはタグがついています)
本部:「了解。すぐ行きますからそこにいて下さい」

 

こうして産卵するカメを見守ります。

彼女たちは、のそのそと器用に穴を掘っていきます。

後ろ足はまるでスコップのようです。

テレビで見た人もいるかもしれませんが、目に涙を浮かべ、

ポロポロっと乳白色の卵を生んでいきます。

何度見ても胸が踊りました。

 

なぜ目に涙を浮かべるのか、それは「目の乾燥を防ぐため」です。

まばたきができないカメたちは、陸に上がれば目が乾燥してしまいます。

それを防ぐには、涙を流すしかないのです。

 

動物の感動的なシーンにも、論理的な根拠があるなんて深イイ。。。

この話には、1時間では語りつくせない体験談もあります。

リクエストがあれば、そのうち掲載します。

 

日本のウミガメ事情にはじまり、カメの肺活量、

GPSを使ったカメの遊泳調査など、ネタはいろいろあります。

 

しば

浴衣でロック

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 22:56

 

西武球場のコンサートに行く、それが夏の恒例行事でした。

今はもうドーム球場になってしまいましたが、

昔の西武球場には屋根がありませんでした。

 

そんな西武球場で、真夏の夕方に(時には)浴衣でロックや

バラードを歌う、球場でマイクを使わず歌う、生の声が球場に

(かすかでも)響く、ファンの耳とココロに届く、

その人が作り出すその空間が好きでした。

 

あれから25年、「夏の課題をやりましょう」とロックとも

バラードともかけ離れた言葉をメールで発信するこの頃。

「夏に課題をやろうぜ」は、ある意味、パンクでロック。

 

勉強ばかりやる必要はありません。

でも、未来の自分のためする一番の投資は、時間です。

今の時間を何に使うのか、その判断と行動が大切です。

 

支出(アウトプット)のための貯金(インプット)。

情報発信(アウトプット)のための吸収(インプット)。

充実した時間を過ごす(アウトプット)ための、準備(インプット)。

 

お金も知識も時間も、アウトプットのためにはインプットが必要です。

 

この夏、いいアウトプット・インプットをしてもらいたいなと思います。

 

ちなみに、1年前の今頃は、浴衣でロックでなく浴衣でグローバルでした。

その時2年生だったキサさんが、先日、ドイツから戻ってきました。

去年の写真です。

 

 

浴衣ガールズその2

 

 

ということで、オッサンの夏の思い出パート1でした。

パート2以降は、リクエスト次第ということで。

 

しば

 

円ダービー、結果発表(6月暫定版)

  • 2018.07.14 Saturday
  • 13:49

円ダービーの暫定版が発表されました。

 

詳細は、本日、7月14日付の日経新聞をご覧ください。

記事は⇒ココをクリック

 

このゼミからは、1チームがベスト30に入っています!

あと、別のゼミ(おそらくOゼミ)も入っていますね。

 

 

7月の変動次第では、他のチームにもチャンスがあります。

引き続き、注目していきましょう。

 

しば

「死語」の世界より

  • 2018.07.08 Sunday
  • 22:49

​​もはや死語・・・そんな言葉が大好きです。

何しろ、ゼミで唯一の昭和世代。

「死語」の世界にこだわります。

でも、最近、バブルネタや昭和ネタ、昭和の歌がカムバックしています。

下手すれば、今年で「明治150年」ということで、

明治のネタさえ出てきています。

それって、ナウいのかな?

 

ほかにもまだまだこだわります。

 

コンパをするなら、地元の居酒屋。

(チェーン店以外)

お酒を飲むなら、地酒か地ワイン。

(大量生産じゃない)

肉や野菜を買うなら、地元のもの。

(だからゼミのBBQでは、国産牛肉)

 

世界経済がなんちゃら、グローバルがなんちゃら、

といいつつ(だからこそ)、ローカルを大切にしないとね。

 

イケてるヤングな日本の良い子たちは、欧米文化がお好きかもしれませんが、

欧米のお友だちも、ローカルを大切にしているんですよねー。

だったら、自分たちもローカルを盛り上げようぜ、みたいな感じです。

 

ニューヨークでは、コーラもニューヨークです。

n1

 

ナイアガラの滝では、コーラもナイアガラです。(笑

ny9789

 

テキサスの人たちは、サボテンも食べるようです。

a1

 

アロエのように使っているのでしょうか?

以上、ローカルにもこだわろうということで、研究室からの投稿でした。

 

しば

ブログはじめました

  • 2018.06.10 Sunday
  • 21:38

 

大分は、梅雨に入りました。

街角では、「冷やし中華、はじめました」という看板も目にします。

 

ゼミでは、今週からブログ始めます。

今回のお題は、

「今年度に変わったこと、変わっていないこと、変わりたいこと」

です。

 

今年度のゼミで変わったこと、それは(いい意味で?)コンパがないこと。

でも、月末にゲスト・スピーカーの先生と行きます(自由参加)。

サークルのコンパとは一味も二味も違う、「みんなでお話する食事会」を楽しんでください。

 

変わっていないことは、ゼミの運営方法です。

3・4年生合同ゼミで、学年を超えていろいろ話す機会が増えたらと思います。

留学中の学生からの現地映像も、恒例ではありますが楽しみです。

そして、新聞シートと円ダービー、ブログ投稿・・・というように、

インプット(勉強)とアウトプット(発信)の両方を意識して

前期を乗り越えていきましょう。

 

あと2か月で、夏休みです。

 

しば

 

Jさん、インタビューを受ける

  • 2018.04.22 Sunday
  • 22:22

卒業生のJさん(6期生)が、仕事場でインタビューを受けたそうです。

 

仕事選びの上で、深イイ話ということもあり紹介します。

 ↓

 

そこでプロフェッショナルになりたいのか、っていうのは

「続けられる仕事選び」の大切な基準のひとつです。

 

Jさんがこの作業着に慣れた頃、どんな言葉が出てくるのか、

それが楽しみです。

 

しば

 

桜の花が散る頃に

  • 2018.04.14 Saturday
  • 14:04

 

桜の花が散る頃、授業が始まりました。

卒業ホヤホヤの皆さんは、そろそろ早起きに慣れた頃でしょうか?

  

 

京都に住んでいた頃は、桜並木を散歩していましたが、

最近は徒歩通勤が散歩の代わりです。

 

 

3年前の今頃は、こんなところを散歩していました。

ワシントンDCも東京から寄贈された桜が有名です。

でも、お花見はどこかせわしなかったです。

 

下宿の大家の子供たちと。

 

ご近所には、観光客が来ない隠れた名所がありました。

お巡りさんもパトロールがどこか楽し気です。

 

ふと懐かしく思い出すこの頃です。

 

卒業生の皆さん、日本の桜が完全に散るまでに近況報告を聞かせてください。

北海道はまだ咲いていないようなので、もう少し時間があります。

 

しば

 

卒業式2018

  • 2018.03.23 Friday
  • 18:58

6期生、6人全員、無事卒業いたしました。

 

卒業証書です。

 

センセーも通知表をいただきました。

内容が気になる人は研究室までどうぞ。

 

経済学部の式典終了後は、恒例のゼミ卒業パーティーです。

3年生が6人集まってくれました。

 

懸賞論文入賞の賞金から、関アジ・関サバをご寄贈いただきました。

 

美味しかったです。

関サバは脂がのっていて濃厚でした。

大分の名産ですが、初めて食べた人も多かったようです。

 

翌日は図書館で、お世話になった司書さんと記念写真。

これもまた全員が集まりました。

 

3年生の2名も加わりました。

 

卒業生のみなさん、お元気で。

しばらく会えませんが、またゼミ合宿やコンパ、研究室訪問など、

お会いできることを楽しみにしています。

 

しば

ドクター・ハロウィーン

  • 2017.10.31 Tuesday
  • 21:15

 

日本では仮装大会でしかないハロウィーン。

2年前の今頃は、まだ現地にいたので思い出してみました。

 

現地では、子供たちも楽しみます。

ここが日本との大きな違いですね。

日本では、どうして大人だけが仮装大会で喜んで

子供たちを喜ばせないのか、少し残念。

 

子供たちは、「お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ」

“Trick or Treat”と言って近所の家をまわります。

大人たちも、お菓子を用意しておきます。

 

 

家は、お化け屋敷に様変わりします。

↓向かいの家

 

近所1

 

近所2

 

看護師の友人からは、「パーティーに着ていくものが

何もないなら使い捨ての手術着をあげる。これを

着なさい。じゃないとパーティーに連れて行かないから」

と脅され、渋々、外科医になりました。渋々です。

 

下宿先では、大家が王様になっていました。

 

一人だけアジア系(緑系)が浮いている気も・・・。

 

まさか当選するとは思っていもいない候補者に

変装する人もいました。

 

日本の場合、仮装大会以外の部分が普及したら、

楽しめる人ももう少し増えるかもしれません。

 

でも、そもそものルーツなどを考えると難しいかな。。。

と文化のグローバル化について考えてみたりするのでした。

 

しば

 

 

 

 

シャカシャカ男子

  • 2017.10.21 Saturday
  • 14:45

 

「キャラがかぶらない」と言われる、このゼミ。

シャイ男子もいますが、同時に、その反対もいるようです。

その行動方式から、シャカシャカ男子と名付けました。

 

女子のココロを急速冷凍させたシャカシャカ男子、

いい意味でも悪い意味でも、ヤルときはヤル。

 

本日は、いい意味でやりました。

保護者のココロを温めました。

コンビニのオデン以上にホクホクする温かさです。

 

保護者のための就職説明会があり、そこで就活と保護者の支援との

関係について話してくれました。

202教室がイッパイになりました。

 

メモをする保護者の方も多かったです。

「後ろでシャカシャカしてやろか?」と思ったくらい、

いいお話でした。「うちの子のサポートをこうすればいいのか」

と感じた保護者の方も多かったと思います。

 

 

ゼミ生女子のココロは、マイナス30度の業務用冷凍庫に入ったまま

かもしれませんが、来月のゼミあたりには、揚げたてのカラアゲくらい

アツアツになればと思います。

 

その頃、一皮むけたショウくんが復帰することでしょう。

 

しば

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM